スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1次ビデオ審査通過&新ホームページ開設

こんにちは。リーダーの坂下です。

先日、NHK学生ロボコン2016の第1次ビデオ審査の結果が通知されました。
本チーム「翠嵐」は通過することができました。まぁエントリーした42チームすべて通過したようですが。。。
2次ビデオ審査も難なく通過したいと思います。

さて、本プロジェクトの新しいホームページを先日開設しました!
こちらからどうぞ
URLは http://www.kitrp.net です。

他大学のホームページ管理者の方はリンクの追加・変更をしてくださると幸いです。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

時代は切削!

こんにちは。リーダーの坂下です。

先日、株式会社オリジナルマインド様より、かの有名な「時代は切削!」Tシャツをいただきました!!

時代は切削!

オリジナルマインド様のPV「僕らは作る生き物だ」に本チームのメンバーが出演し、その撮影のお礼で、メンバー全員分のTシャツをいただきました。ありがとうございました!!

PVはこちらになります→僕らは作る生き物だ

記念撮影も行いました。※1人OBが混じっています(笑)
時代は切削集合1
時代は切削集合2
時代は切削集合3


新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
Team_Roboconリーダーの坂下です。
本年もよろしくお願いします。

昨日までの冬休みは終わり、今日から授業が開始しました。
私はほとんどの日を課題やレポート、勉強に追われてました。課題多すぎ。
とはいえ御節も食べれたし、紅白歌合戦も見れたのでそれなりに楽しかったです。

さて、冬休みも終わり再びロボコンの活動が始まりました。
残り1か月ほどで第1次ビデオ審査があります。
通過することが当たり前ですので、気を引き締めてロボコンに取り組んでいきたいと思います。

それではこれで失礼します。
Chai-Yo!

NHK学生ロボコン2016 書類審査通過

こんにちは。
Team_Roboconリーダーの坂下です。
長らく更新しておらず申し訳ありませんでした…

さて、先日NHK学生ロボコン2016の書類審査がありました。
私たちチーム「翠嵐」の結果は…

「通過」

というわけで無事書類審査を通過することができました。
応募した42チームすべて通過したそうですね。一体今年はどこが応募したのでしょうか。気になります。

次は第1次ビデオ審査です。
今年からビデオ審査・NHK大会が例年に比べて1か月ほど遅れて行われます。
スケジュールにちょっと余裕が…とも言ってられませんね。気を引き締めてロボット製作に取り掛かっていきます。

進捗状況ですが、段々とロボットやコートが形になってきました。
特に今年のコートは複雑で、製作班は大変そうでした。お疲れ様です。
ただ見てる感じだとかなり精密に作られていると思われます。流石です。
コートにはかなり苦い思い出がありますからね!!!コート製作も本気です。

それではこれで失礼します。
Chai-Yo!



チーム名、決定!

お久しぶりです。
機構班二年豊田隼太郎です。

石川県にも涼しい秋の風が吹くようになりました。
季節変わりの風邪にはくれぐれも注意しましょう。体調管理は大切ですからね。
かくいう私も風邪を拗らせて大変した……(笑)

さて、今年のロボコンのルールが発表されましたね。
競技内容はもう皆さん知っているとは思いますが、今年も難しくなりそうです。
来るべきNHKに向けて、早速活動を始めています。その中でもとりわけ大切なのはチームの名前なのです。
組織での活動には時には高い誇りが必要になり、自分の所属を胸を張って言えば、自信をもって取り組むことができると思うのです。
そのために、皆で今年のチーム名を考えることになりました。

Team_Roboconはロボコンに出場するためのチーム名を毎年決めています。
我々の伝統で、チーム名は漢字二文字となっています。
ここで過去のチーム名を紹介します。

2002 和音
2003 輪舞
2004 箒星
2005 覇城
2006 跳武
2007 月詠
2008 友禅
2009 機巧
2010 創天
2011 繚乱
2012 先駆
2013 飛翔
2014 昇旗
2015 翔破

こうやって振り返ってみると、2014~2016の間しか直接に見ていない自分でも、こみ上げるものがありますね……
ちなみに、チーム名にはその年の競技内容が反映されている年もあるようです。

そして、全体のミーティングでみんなが投票したチーム名を集計して多数決になりました。
集計の結果……


2016 翠嵐(すいらん)


に決定しました。
まさか、自分の考えたものが採用されるとは思ってもおらず、思わず緊張してしまいました。……(笑)
意味としては、今年のテーマであるエネルギーの根源となる豊かな自然の“翠”
その緑が“嵐”の如く、会場を駆け回り、“スイラン”の花のような美しさを兼ね備えたロボットが、
花の形状に似た“プロペラ”を飾り、開花させることを願ったチーム名です。
おしゃれな願掛けと少しのユーモアを漢字二文字で表現したので、選ばれたときは嬉しかったです。

優勝目指して励んでいきますので、チーム『翠嵐』の応援をよろしくお願いします。

名古屋工業大学ロボコン工房さんと交流会

こんにちは。
Team_Roboconリーダーの坂下です。

9月の12日に名古屋工業大学で、14日に本学で、名古屋工業大学ロボコン工房さんと交流会を行いました。

名古屋工業大学での交流会
名古屋工業大学にて

金沢工業大学での交流会
本学にて

今回の交流会では、お互いのロボコン2015のロボットやビデオ審査の動画、部室などを見せ合いました。
この交流会で学んだ技術、ノウハウを来年のロボコンに活かしていきたいと思います。

名古屋工業大学ロボコン工房さんありがとうございました。


こんにちは。制御班2年のながたにです。プログラマをしています。制御班です。信じて下さい。

みなさまSRCお疲れ様でした。
優勝したチームは吸引という、先輩たちもあまり触ったことのない手段でブロックを安定して積んでいて感心していました。
始めに見た時はまともに動かないのではないかと思っていたのですが、まさかここまで安定して動かすとは・・・

さて今回はそんなロボットを動かしていた箱の話です。

SRCで金沢工業大学の手動機には、大きく"金沢"とか"東京"と書かれた箱が取り付けられていました。
DSCF6990.jpg


うちでは新人教育の方針により、一年生の機構班が作るロボットの回路は二年生が作ります。今年は私が担当しました。

そんな回路、去年はこのような物でした・・・・
DSC_0537.jpg

通称タッパーコン。タッパーに穴を開けてスイッチを取り付け、そのスイッチでタッパーに内蔵された回路のリレーを操作してモーターを回します。もちろん速度の調節は出来ません。

さらに前年は中の回路すらなく、手元のスイッチで直接モーターを回す回路となっていました。

スイッチの位置を容易に変えることが出来るという利点はありましたが、そもそもスイッチが重く操作しづらいものでした。
どれほど操作しづらいかと言うと、操縦体験の機会に来てくださったお子様を泣かせてしまったほどです。ごめんなさい。

操作性の改善とちょっとした自動化を目指して、今年は手動機にマイコンを搭載し、モータードライバでモーターを回し速度制御が出来るようにすることが計画されました。

が、仕様を満たすモータードライバの開発と製造をするには資金が足りませんでした。
TA7291Pを2つ積む以外は例年通りリレーとなりましたが、小さなモーターであれば速度調節が効くようになりました。

マイコンにはArduinoUnoを使い、USBホストシールドを使ってPS3コントローラを無線で読みました。
プログラム的には何も面白いことはありませんが、結果として誰でもプログラミングが出来る箱になりました。

仕様が決まったので設計します。今回使う箱はタカチのMD-5です。自作より綺麗に出来そうなので。

機構班が使っているようなCADを扱えなかったためにBlenderを使い設計しました。これなら使えたので。
blenderbox.png

これで基板を置く場所は足りるか、基板を固定するスペーサーが壁から出るコネクタと当たらないか、配線出来るか、配線が美しく見えるか・・・・を確認していきます。

そうして設計したものを機構班に加工してもらうために、加工図面のようなものを書きました。CADじゃないものを使ったので加工図面とか出力できないので手書きです。

機構班に加工してもらいました。雑な図面を読んでくれてありがとう。
DSC_0290.jpg
ただ、図面の裏表を書き間違えてしまったので、Blenderのモデルと鏡写しに出来上がりました。(*ノωノ) ハズカシ
使えばしたのでそのまま使いました。

ロボプロでは普段回路ボックスを作ることが無く、特にパネル取り付けコネクタをあまり使いません。
しかし今回は必要であるため色々作ってみました。
パネル取り付けのUSBコネクタは調達するのが面倒であったため自作しました。

L字のパーツを設計して3Dプリンタで印刷。作ってもらった基板とつなぎます。
DSC_0538.jpg

回路班が用意してくれた基板と制御班が作ってくれた配線を使い組み立て・・・

こうなります。
DSC_0291.jpg
かっこいい・・・!

同様にして制御班のみんなで4つ作りました。

作った順に、
金沢
東京
長野
富山
と名づけ、

シールを作って貼りました。結構綺麗に出来るもんですね。
DSC_0519.jpg
↑良く見るとちょっとずつ違いがある回路ボックスたち。

地名回路ボックスは、RoboTechさんが回路箱に大阪とか書いていたのを完全に真似しました。ごめんなさい。あちらは東海道新幹線の沿線の都市だそうですが、こちらは北陸新幹線なので許してください。

箱が殆ど同じ仕様なのは故障した時にロボットを止めること無く箱ごと交換出来るようにするためです。二年生が作ったものが原因で一年生のロボットの進捗を止めたくなかったので。

こうしてロボプロ初の新人教育手動機の無線化とマイコン搭載が出来ました。
反省点としては全モータードライバ化出来なかったことと、センサー入力が無いこと、箱がとても大きくなったことです。

最後に、今回私は箱を設計して加工図面書いて配線を作って箱を組み立てていましたが、私は制御班のプログラマーです。信じて下さい。

SRCを終えて

こんにちは、制御班1年の橋本です。

今回は8月28日(金)に行われた、SRC「OSHIROBO」の結果報告をします!

※SRC「OSHIROBO」とは →こちら

6月頃からこの日のために、本校の三日天下(仮)、エレβ、一航戦の各チームは毎日活動に励んでいました。

手動機はコートを何度も走らせて資材の回収と築城の練習を、自動機は確実に石垣を渡すためのプログラムの調整を最終日まで行っていました。

本番では、本校と新潟大学さんと京都工芸繊維大学さんから、個性豊かなチーム名の8チームが、予選から白熱した試合を行っていました!

手動機・自動機ともに多種多様で、面白い動きをするロボットたちが、築城や石垣を渡すたびに、歓声が上がり、ガッツポーズをして喜ぶ選手が見られました。

それでは、お待ちかねの結果発表です!!激戦の結果、

1位 三日天下(仮)(金沢工業大学)
2位 エレβ(金沢工業大学)
3位 一航戦(金沢工業大学)


となりました!どの試合も非常に熱い戦いで、見ていて非常に楽しかったです!
(1位になったチームの制御・回路班はなんと大学推奨パソコンを使っていたようです。やはり勝つためには大学推奨パソコンを使うしかないようですね…!)

CIMG1668.jpg


大会中はアームの配線が切れて動かないといったようなトラブルが発生し、前日まで何もなかったことが嘘のように思えました。

また、自動機を何度もコートを走らせたのにも関わらず、本番で動かすときには大変緊張しました。

このような突然のトラブルや、緊張を味わうことも含めて、SRCはよい経験となったと感じます。

さて、SRCが終わった後はついに学生ロボコンに向けての活動です。

SRCの経験を活かして、日々精進していきたいです!

新リーダー決定&SRC2015コート完成

こんにちは。坂下です。

7月21日にNHK総合で、NHK学生ロボコン2015のテレビ放送がありました。
私たちTeam_Roboconもこの大会に出場しましたが、残念ながらあまり映りませんでした…。
来年こそは、テレビにたくさん映り、NHK大会で優勝できるよう、活動に専念していきたいと思います。
優勝した早稲田大学さん、ABU本戦頑張ってください!!!応援してます!!!

さて、NHK大会も終わり、役職の引き継ぎの時期となりました。
そんな中、7月4日にTeam_Roboconの新リーダー決めが行われました。

はい。私、坂下がTeam_Roboconの新リーダーとなりました。ほかに立候補いませんでしたが…。
私はNHK大会に2014、2015と出場してきましたが、どちらも優勝できませんでした。
次は後輩を裏で支える立場として、優勝できるチーム、ロボットを作っていきたいと思います。
これからもTeam_Roboconの応援よろしくお願いします。


話は変わって…。
本日、「SRC2015」の競技コートが完成しました!!
SRC2015コート画像
綺麗に出来てますね~~。本番もこのコートを使用します。
(ロボットが木枠に衝突しても壊れませんよ…多分…)

「SRC2015」に関しては前回の記事、もしくはSRC公式HPをご覧ください。

大会は、8月28日に金沢駅もてなしドームで開かれますので、ぜひ皆さん足を運んでください。

それでは失礼します。

SRC ~Summer Robot Contest~

こんばんは、制御班2年 いしーです。

本日は8月28日(金)に本プロジェクトが開催します大会についてのお知らせです。

本プロジェクトでは、10年以上前から毎年機構班の新人教育を目的として『夏ロボ』という小規模の部内ロボコンを開いていました。
それはここ数年で『SRC』と名を変えたり、制御回路班も一緒になって参加したり、新潟大学様にも参加していただけるようになったり、と方向性が徐々に変わってきました。
そこで今年は、新人教育だけではなく交流も目的にするべく、参加校も増やしもっとオープンな大会を目指していこうとなりました。


そうして決まった今年の開催場所は…





007_n.jpg
写真提供:金沢市

なんと金沢駅です!!
日本で「世界で最も美しい駅14選」に唯一選ばれた駅ですね。
こんな綺麗な場所で大会ができるとは…。


そして肝心のルール&競技名は…

oshirobo5.png

『OSHIROBO』
です!
どこかで見たことがあるようなロゴですが気のせいです気のせい。

競技内容は、2台のロボットで建築資材に見立てたオブジェクト重ねていき城を完成させる、といったものです。
建築資材は発泡スチロールで、立方体のものの単体・2つ貼り合わせたもの・3つ貼り合わせたもの、の3種類あります。
その建築資材を重ねていくことで点数を稼いでいくわけですね。

城を構成するのは建築資材だけではありません。
『石垣』という同じく発泡スチロールでできているオブジェクトもあります。
この『石垣』も3種類あり、種類によって上に重なっている建築資材の点数が数倍になります!

こうして下から石垣・資材3種類の合計4種類が重なったものを一つの『城』として扱います。
そうして3種類の石垣からなる城を完成させたチームが…

条件勝利となる
『城建勝利』達成となります!
そこ、無理やりな当て字とか言わない

oshirobo_image.jpg

かなり端折りましたがルールについては以上です。
概要・ルール詳細などの情報はSRC公式ホームページをご覧ください。



今年は開催場所もガラッと変わり、新潟大学様と京都工芸繊維大学様に参加していただけることになりました。
いろいろな初めてが重なって多忙さと同時に期待で胸を膨らませております。

みなさんも是非金沢駅にきて新入生たちの雄姿を見ていってください!
ついでに観光もオススメですよ!

大変遅くなりました…

こんにちは、機構班2年の戸田琢也です。

今回は先日行われたNHK学生ロボコンの結果報告とロボット紹介をしたいと思います。

まず、大会前日に関してですが、うちのロボットは2台とも上下を分解した状態で梱包されていて狭いピットエリアでの組み立てが必要だったため、ロボットが動作できる状態になるまで少し時間がかかってしまいました。

私は初めてのピットクルーだったため緊張していましたが、他大学のロボットを間近で見て緊張感あふれる会場の雰囲気を味わうことができたため、とてもいい経験となりました。

また、テストランからロボットの調子は良好で足回りやアームも問題なく動作していましたが、やはりテストランの時間が制限されていたため、操縦者は会場での練習が少ないまま試合に臨むこととなりました。

トーナメント表


初戦は長岡技術科学大学さんとの試合で、白熱した戦いを繰り広げることができました。

2回戦は新潟大学さんと戦いました。途中まで順調に試合は進んでいたのですが、ネット際に落ちそうになったシャトルを拾うところで1台のロボットがコートのフェンスにぶつかりました。
思いがけない出来事に会場はざわつき、コート破損とみなされ反則負けという予想外の結果で終わってしまいました。

ロボットが壊れないようにする対策はしていましたがコートが壊れる対策はしていなかったため、今後の新たな課題として考えていきます。

今回はこのような形で終わってしまったわけですが、これをバネに来年こそ強豪の金沢工業大学として、再び世界大会への切符を勝ち取りたいと思います。



それでは、出場した2機のロボットの軽く説明をしていきたいと思います。

Whiz

↑のロボットが1号機(通称Whiz)
強いスマッシュや高い弾道が打てるオーバーアームとサーブドロップゾーンからレシーブした際、相手のネット際に落とすことができるアンダーアームを搭載しています。
アンダーアームは打つタイミングだけカメラからの情報によるによる自動制御がかかっています。

Altair

↑のロボットが2号機(通称Altair)
1号機と同じくオーバーアームが搭載され、半制御で操縦されています。こちらのアンダーアームは5.2kgfの定荷重ばねを2つ使用しているため、高威力の安定したサーブを打つことができ、高い弾道と低い弾道の打ち分けが可能です。

実際にロボットが動いている動画は↓のブログに貼ってあります。是非見てください!!


ロボットプロジェクト チーム「翔破」PV動画公開!!!

こんにちは。大会リーダーの坂下です。

さて、今週の日曜日6月7日にNHK学生ロボコン2015が開催されます!!
私たちはこの大会で優勝するために、昨年の9月からロボットを製作してきました。
今大会の競技内容はロボットがバドミントンをする「ロボミントン」です。

今までのロボコンにおいて、おそらく一番難しい内容でした…

そんなマジキチルールで、私たちがどのようなロボットを製作してきたか。
今回はそのロボットのPV動画を公開します!!!

私たちの最高のロボットをご覧ください!!!!!

↓以下のリンクからどうぞ。
K.I.T.金沢工業大学 ロボコン2015PV

大会まで一週間

こんばんは。2年生制御班の久保田です。

ついにNHK学生ロボコンまで1週間となりました。

実は去年私たちは、本番前日に大変な失敗を犯してしまいました。
恥ずかしながらロボットに配線ミスがあり、さらには重量制限に引っかかってしまったのです・・・

そこで今日は、今年はそのような失敗をしないように、実際に梱包された状態から組み立てる練習を行いました。
今年の競技では子機がなく大型のロボット2台となっているのでいつもに増して大変になっていると思います。

練習ではいろいろとトラブルが起こりましたが。
いくつかの工夫と練習の成果により、今年はスムーズに準備を行って見せます。
ロボットを動かす前でつまずいてはいられません。
本番では最高のパフォーマンスをお見せします!


さて、ここで今年のロボットの特徴を少し紹介しておきたいと思います。

金沢工業大学ロボットプロジェクトは、「人と共存できるロボットを創る」ことを最終目標として活動しています。
そこで!今年はロボットと人の共存のために、あるコミュニケーション能力(?)を組み込みました。
それが何をすることであるかは会場でのお楽しみということでお願いします。
皆様が楽しんでいただけたらと思ってます。
60949.jpg


あと1週間! いよいよ本番が近付いてきて全員ラストスパートにかかっています!
スポーツマンシップ?に乗っ取り正々堂々と優勝したいと思います。
最後まで全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします。


最後に今大会リーダーのやる気をご覧ください
IMG_1518.jpg

遅ればせながら・・・

皆さんこんにちは、2年生の國安です。

発表から暫く経ちましたが、報告させていただきます。

NHK学生ロボコン2015、競技ロボミントンにおいて2次審査通過、更にはシード権獲得致しました!!

いやはや、無事通過しただけに留まらず大変嬉しい限りです。

これも偏にこれまでの活動を様々な面から支えてくださった技師さんやOBの方々、
そして何よりもチーム一丸となって掴みとった物なのではないでしょうか。

勿論ここで満足すること無く、本大会や世界大会優勝を目指してこれからも一同日々精進して行く次第でございます。

それと私が勝手に思っている事なのですがこれまで審査を通してまさかこのチームが、と思うようなチームが沢山審査段階にて苦汁を嘗める結果となりました。個人的には今回のルールではどの大学のレベルも拮抗していたのではないでしょうか。審査員の方々も断腸の思いで決められた事が想像出来ます。
私は2年なので、また来年お会いできることを切に願っております。
カープドリバー

Q&A


おはようございます。

制御班のいいのです。

おかげさまで新入生の皆さまが大勢見学に来てくれました。


しょうへい

うれしいかぎりです。


ここで新入生の皆さまから寄せられた質問を紹介させていただきます。

Q、活動日時はいつですか?

 →基本的に平日は17:00から21:00まで、土曜日は9:30から17:00までとなっています。


Q、お金がかからないって聞いたんですけどホント?

 →ホントです。ただロボコンをしていくうちに工具がほしくてたまらなくなり、自費で買ってしまうことが稀にあります。

Q、みなさん何学科ですか?

 →ロボティクス、情報、電気電子、機械、経営などなどです。


Q、2,3年生からでも入れますか?

 →入れないこともなくはないですが、4,5,6月に新入生のための講習会を行うので、追いつくのが困難です。今すぐ入りましょう。


Q、自分何にもできないんすけど大丈夫ですかね?

 →大丈夫です。いつでもなんでも先輩がしっかり教えてくれます。


Q、出身地はどこですか?

 →僕は富山です。


Q、何年生の人が活動してるの?

 →現在、4年生が2人、3年生が10人くらい、2年生が20人くらいです。


Q、女子はいますか?
 
 →おられます!


見学に行こうか悩んでおられる方も、冷やかしでも、どんなかたでも丁重にご対応させていただきます。
ぜひ一度ロボットプロジェクトに見学にいらしてみてください。


SAKURA

新入生のみなさん見学来てね

こんにちは。

新二年機構班の居田です。

私が入学してもう一年が過ぎました。改めて時の流れの早さを実感します。

サクラ


それはさておき、新入生のみなさんご入学おめでとうございます。
今年の入学式はあいにくの雨模様でしたが、、、

そして、我がロボットプロジェクトに待ちに待った新入生が見学に来ました!!

今年は、入学式の前や入学式が終わった直後から多くの新入生が見学に来て、例年に比べ非常に早く驚いています。

私も去年一番最初に見学に行ったんですが、入学式の二日後でした(笑)


改めて活動場所、活動時間をまとめました。 

活動場所: 41号館(夢考房)2階

活動時間: 平日(月〜金) 17:00-20:30
      土曜日     9:30-20:30

また、金沢工業大学ロボットプロジェクトのTwitter(https://twitter.com/yumerobopro)ではその日の活動場所など随時更新していきます。 

ロボットプロジェクトは金沢工業大学の学生であれば学部・学科は問いません。

新入生のみなさんぜひ見学に来てください。

お待ちしてます。

活動場所についてっ!

こんにちは、
機構班一年豊田隼太郎です。
石川の厳しい冬も次第に和らいで春の足音が近づいてきましたね。
とは言っても、室内にばかりいるので私たちにはあまり関係のないことかもしれませんが……(笑)

さて、いよいよ大会まで2か月ほどとなりました。
頭の中はロボミントンのことで埋まっており、新学期のことはあまり考えていない毎日です……
この時期になると新入生のことや教育のことにも力を入れていかなくてはいけません。
大学で初めての後輩となる彼らに、自信を持って次世代への知恵を繋いでいくことは、とびきり難しいことであります。
設計・加工・運営・規則・雑学……などなど、楽しいことからどうでもいいこと、深すぎることからあたりさわりのないこと

今回はそんな初々しい新入生のために、我らチームロボコンの活動場所を紹介します!

会議や設計、大まかな部材や基盤を管理している41号館
SubstandardFullSizeRender.jpg

種目によってはコートを配置し、実際に本番さながらの練習ができたり、組み立てに使う21号館
21.jpg

主に機構班が使用し、部材の加工を行いロボットの骨組みや新しい機構を作る26号館
26.jpg


主にこの3つの建物がチームロボコンのメインの活動場所となります。

今年は、バトミントンという広さがカギになるルールの為に、天井が高い部屋が必要になります。
そのため、多目的ホールのある6号館、
6.jpg

自習室が真下にある7号館も時折使用し、そこで操縦練習をしております。
7.jpg

木材やロボット、ロンリウム材を運ぶのが一苦労ですが、日夜頑張って運んでおります。

他には、美味しい学食が食べられる食堂や、金沢工業大学内のコンビニ、アクアなど……休憩場所も必要ですよね……(笑)

もし、このブログを見ていただいてる新入生がいたら、そして、チームロボコンに入りたいと考えている新入生がいたら、
この場所を訪れてみてはいかがでしょうか?

教える立場になって初めて学ぶこともあるでしょう。
羽根を追いかけることも、先輩を追いかけることも、もしかしたら似ているかもしれませんね。

では、4月も張り切っていきましょう!

講演会!!

こんにちは!! 機構班の中塚です。

私は14日に地元である長野県で講演会をしてきました。長野県のロボコンをやっている工業高校生と先生方に向けてプレゼンをしました。
なぜこのようなことになったかというと恩師の先生から高校生に向けて大学ロボコンの取り組みについて話してほしいと頼まれたためです。2次ビデオ審査前で大変でしたが、、、、、なんとか日程を調整しました。

講演会の正式名称はロボット製作技術講習会です。毎年長野県のロボット製作をしている工業高校生と先生方を対象に開かれています。私もロボコンをやっていたため毎年参加していました。まさかこの立場になるとは思いませんでした。
地元の大学の信州大学さんも参加していました。



講演会では高校生が今年のロボットについて各学校の代表が発表していました。今年とある競技で全国優勝した私の後輩も発表していました。そこで「真似ることは大事」ということを言っていました。強い人を真似することでそれ以上のものができるからだと、、、、、、、素晴らしいなぁと思いました。
発表をした先生で印象に残った言葉があります。
ロボコンには「覚悟」がいると、、、、、。覚悟がないと強いロボットがつくれないからです。心に響きました。

私の発表は大学ロボコンについての取り組みについてや機構の技術紹介を行いました。基本的なことです。
フレームの組み方や3DCADの利便性、加工、新入生教育などです。
昨年のSRCで優勝した機体を持って行きました。
好評でした。


あとは信州大学さんと交流をしてきました。さすがに進捗はお互い聞きませんでしたが、、、、、、
回路技術を聞けたため今後の参考になると思います。

これで高校生たちの技術向上につながればと思います。私もいろいろなことを高校生たちと交流して教えてもらいました。
これから勝つためにどうしたら良いのか?さらに追求したいと思います。

新入生の皆さんやこれから金沢工業大学でロボコンをやりたい方々へ
私達ロボットプロジェクトと一緒に世界一を目指しませんか?
いつでもお待ちしております。

4年生の皆さん、お疲れ様でした!

Team_Robocon 1年機構班の戸田です。

先日3月15日に行われた卒業生の追い出し会についてまとめました。

ロボットプロジェクトとしてお世話になった4年生の先輩たちに感謝の意をこめ、卒業祝いをしました。

今回は焼肉屋で飲み放題でしたが、準備されてた半分くらいの机が肉を焼く網が使えず、みんな一部の机に密集するかたちになっちゃいました。
でも机を囲って焼肉をしたり飲んだりしたことで、より仲間との友情が深まった思います…。

1426475290266.jpg

また、個人的にサイドメニューが結構おいしかったし、フォトフレームを見ながら楽しんでいた4年生の姿も見ることができたので良い飲み会だったと思います。

フォトフレームに映っていたABUの写真を見ると自分も世界で勝ちたいなと強く思っちゃいました。この金沢工業大学ロボットプロジェクトに最高の記録を残し、ロボコンの楽しさを教えてくれた先輩たちはかっこうぃーと思います。

1426466578218.jpg


追い出し会の最後は集合写真を撮って終了しました。皆さんいい笑顔ですね。(^◇^)

4年間本当にお疲れ様でした。

コート班

Team_Robocon 2年機構班の賀田野です。

先ほどは不適切な記事を投稿してしまい失礼しました。

今回は、コート班の仕事について紹介します。

コート班は現在機構班のメンバーで構成されています。

ロボコンは毎年ルールが違います。そのため、コートも毎年変わってきます。コートを作るのが簡単な年があったり、難しい年があったり様々です。2014年の大会は遊具を4つ造らないといけないことや、遊具の固定方法など考えさせられることが多かったです。
IMG_5770.jpg
2014年のコートはこんな感じになりました。

2015年はロボミントンということで、コートは簡単で良かったと思っていましたが...

なんと例年とはコートの材質が違っていました。例年はロンリウムでしたが、今年は木材でした。他には、コートがとても大きく、天井も高くないといけないなど条件があり、使える部屋が全く見つからない状況でした。

何とか、使える部屋を見つけたが、大学側と交渉をして、書類を提出しないと使えませんでした。
木材は、カメラ担当者や操縦者から、色を塗ってくれという要望があり、1週間ほぼペンキ塗りをやっていました。その間、ロボットに触れず、重い木材を運んだり、外で寒い中色塗りをするなどとても大変でした。
IMG_3629.jpg
予算的に半コートしか作れなかったですが綺麗に造れたと思います。

この様に、ロボットに関わらないが大切な仕事もあります。

2年間コートを造る仕事に携わって、やっぱり2012年のコートを造った先輩はすごいなと実感します。そして、ロボットプロジェクトがずっと使える大きな部屋が欲しいなと思います。


検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
公式ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。